ピッチというのは、スタートアップが投資家向けに行う、自社のサービスやビジネスモデルを説明するプレゼンテーションです。通常のビジネス上のプレゼンテーションが特定の顧客へ行なわれることが多いのに対し、ピッチの場合は初見の相手や不特定多数の聴衆に対してなされるのがその特徴です。

そして、最近はこのピッチの作法を取り入れて社内新規事業の提案活動を進める企業が多くなってきました。上層部から時間と予算を調達し、他の部門を巻き込み、試行錯誤を繰り返しながら事業生み出すことが求められる新規事業において、スタートアップの資金調達、パートナー、顧客との関係づくりの方法論が強力なツールとして応用できるわけです。 続きはこちら

新事業担当者の必須スキル!共感と支援を勝ち取る“ピッチ”とは?!