デザインスプリントとは、Google Venturesが考案したアイデア創出からプロトタイピング、ユーザーテストと評価までをわずか5日間で完了させるためのプログラムです。多くのリソースを投入する前にプロダクトやサービスのアイデアを検討し、チームメンバー、ステークホルダー、そしてユーザーを巻き込みながら短期間でより良いユーザー体験を作り上げることができます。

●実施のステップ
デザインスプリントは5つのステップで構成されており、以下の手順で実施できます。

ステップ0 準備:プロジェクトのゴールとスコープを設定する。
ステップ1 理解:背景やユーザーインサイトを確認する。
ステップ2 発散:何が可能か、ブレインストーミングをする。
ステップ3 決定:解決策を評価して1つ選ぶ。
ステップ4 プロトタイプ:最小限の機能で機能で実行可能なコンセプトモックを作る。
ステップ5 テスト:ユーザーにとって何が効果的なのかを検証する。
実施後   評価:検証、学習結果をレビューし、開発プロセスに移る。または、再度スプリントを実施する。

●デザインスプリントの利用法

-プロジェクト初期段階でのデザインスプリント
プロセスを変えたり、プロダクトサービスのコンセプトを刷新したいといった場合にデザインスプリントを活用できます。独創的なコンセプトを実世界で検証する目標でその可能性を探ります。たとえば、IoTの技術をつかったソリューションが実際のユーザーの生活、コンテキストにどの程度受け入れられるか、といったケースです。

-成熟したプロジェクトでのデザインスプリント
プロダクトやサービスがもつある1つの機能や、特定の課題単位でもデザインスプリントを適用できます。たとえば、初回購入以降、顧客の継続購入が課題のEC事業において継続利用のためのサービスアイデアをテストし、メリットとデメリットを確認することができます。

-大企業にとってのデザインスプリント
すでに確立された手続きをもつ大手企業にも有効です。スピードを優先するデザインスプリントでの作業は
プロダクトに関するアイデアやコンセプトを探求する際の人や予算と時間の消費を減らしてくれます。5ヶ月費やして結局「何もしない方がいい。」という結論に達するよりは、5日でそのアイデアを探求する価値があるかどうかを判定する方が優れています。

●副次的なメリット
デザインスプリント導入のメリットは筋の悪いプロダクトやアイデアに費やさなくても済んだ時間や、投資対効果の低いプロダクトへの投資の回避によって節約された予算などでも測ることが可能です。また、デザイナーやエンジニアだけでなく、マーケッターや事業責任者、受託案件の場合はクライアント側の主要メンバーを巻き込んだチームを編成することで、共通認識が形成され、共感型の意思決定が可能になります。

●銀の弾丸ではない。
デザインスプリントでの要件や特徴は、課題によって大きくことなるため、自らのプロジェクトにとって、どのようなデザインスプリントが適しているか、十分に検討する必要があります。(課題によっては適でない場合もあります。)また、1度で完結するものではなく、何度も繰り返すことで、効果やプロダクトの理解は進みます。長期的な視点で組織の開発プロセスへ導入していくことが重要です。

bridgeでは、デザインスプリントを活用したプロジェクト、手法の組織導入を支援しています。
お気軽にお問い合わせください。