いかに早く、多くの学習をするかが競争の条件になっている今、プロトタイピングは仮説検証という定義を超えて多くの意味をチームにもたらしてくれます。プロトタイピングの目的とポイントについて、まとめましたのでスライドシェアします。

slideshare https://www.slideshare.net/NobuyukiOhnaga/ss-79139343