デザインとテクノロジーのメディア[in-pocket]でブログを掲載しました。

昨今、従来のビジネスのセオリーだけでは、企業やプロダクトの競争優位は作れなくなってきました。そこで顧客の価値を起点にしながら、ニーズと技術、そして事業機会の間をとりもつ具体的な方法論を提供する「デザイン思考」に様々な企業から注目が集まっています。しかしデザイン思考をプロセスとフレームワークの習得と捉えて進めてしまうケースも多くなっています。その本質を十分に体得できないまま、流行りもののひとつとして消費してしまうケースも散見されます。そこで今回はこれまでわたし自身が体験したいくつかのデザイン思考の導入の際のケースお伝えします。 詳しくはこちら

“失敗”に学ぼう。デザイン思考導入における、部門ごとの障壁

デザインとテクノロジーで、時代の先を見つめるメディア  [ in-pocket ] https://www.i3design.jp/in-pocket/