2013年10月から「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに掲げ、スポットコンサル・プラットフォームを提供する株式会社ビザスク。事業法人部では新規事業の仮説検証に必要な課題・技術・ビジネスの知見を有する専門家へのインタビュー活動を通して、顧客企業の事業創造を支援しています。今回は、事業会社向け事業を管掌する執行役員の田中亮さんにお話を伺いました。

提供サービス:人と組織の育成・変革


課題

新規事業に求められる仮説検証スキルとマインドセットの醸成

bridgeがしたこと

企業向けインタビュートレーニングや事業創出プログラムへの伴走

今後の展望

新規事業PDCAを高速にまわす組織のための支援拡大と深化


-御社のサービス「スポットコンサル」の価値についてどのようにお考えですか?

スポットコンサルの価値とは何より、我々のサービスを利用し、インタビューを通してユーザーや専門家の声を直接聞けるということだと考えています。お客様自身が直接そういった声に触れられるということは、新規事業開発を進めていく上で当事者意識やプロジェクトに対する所有感を得ることにつながるので、とても重要なことだと思います。またチームのモチベーションの向上や上司への説得のためにも是非サービスをご利用いただきたいですね。 

-自社で仮説検証を繰り返そうとする企業は増えていますか?

「増えてきている」とは思いますが、本格的にそういった企業が増えてくるのはまだまだこれからだと思います。今までの当たり前って、自分たちだけでプロダクト・サービスを開発して世に出してみて、そこで初めて売れる・売れないの確認ができるっていうモデルでしたよね。でもそれだとユーザーのニーズから離れたモノ・コトを最終的に届けてしまうケースも多く、実際になんとかユーザーにアプローチして生の声を聞かないといけないっていう声は高まってきていると思いますし、我々のサービスに対するユーザーインタビューのご依頼も増えてきていますね。

-bridgeとプロジェクトを進める際、当社に対して持っていた期待などはありましたか?

もともと初めてご相談したのは2年前ぐらいになるかもしれないですよね。当時から「どうやったらもっとインタビューを活用してもらえるか?」と常に考えていました。インタビューを行うことに対してハードルを感じているお客様が多い背景から勉強会やワークショップを開催したり、また新規事業の提案制度のご支援を行なっていました。そんな中で、自分たちだけではなく、インタビューに関するノウハウや新規事業開発のプロセスや手法に精通している企業さんと一緒にサービスを作ることで顧客支援を加速できないかと考えていて、でもなかなかいらっしゃらなくて(笑)

bridgeさんとはそんな時期にお会いしました。元々ビザスクにご登録頂いていたこともあり、きっとインタビューの価値を大事にされているんじゃないかと思ってお声がけをしたのですが、実際に話をしてみると顧客支援のなかでインタビューの価値について説かれていたり、同じ課題意識があるんじゃないかと思いましたし、また我々が足りない豊富なご経験や知見もお持ちだったので、ぜひ一緒にできれば!と思ってプロジェクトを開始させていただきました。bridgeさんの持つ知識・経験をフルに当社の事業プロジェクトにも発揮してもらえることを期待していましたし、実際これまでに様々な場面にてサポートしてもらっています。

-現在すすめている大手企業向けインキュベーションプログラムの評価・感想についてお聞かせください。

まず感謝している点として、我々自身がbridgeさんから学ぶことが多いという点ですね。bridgeさんのこれまでのご経験に基づく知見やフィードバックは、顧客にとってだけでなく、我々自身にとっても得られるものが非常に多く、「プログラムの質をどう高めるか」を一緒に考えながら進められるパートナーであるという風に感じています。またビジョンとして我々はコンサルティングを目指しているわけではなく、あくまで新規事業を考える人のサポーターであり時にメンターとしての位置関係をお客様との間に築いていきたいんですよね。でもそれって、なかなか理解されづらい部分があります。だけどbridgeさんでは普段からその支援をやっていらっしゃるので、我々がやりたい方向性を感覚的に理解してもらっている気がしていて、すごくコミュニケーションがしやすいですし、今の関係性はすごく良いと思っています。

-今後の展望についてお聞かせください。

現在は400社ほどの大手事業会社様にサービス提供しているのですが、今後もっとたくさんの企業様にサービスを利用していただきたいと思っています。サービスを使うことでインタビューを実践いただき、企業内で新規事業を生み出すスピードをさらに上げていってもらいたいです。しかし、そのためにはインタビューの価値やどうすればインタビューが上手くいくのかの手法論を同時に広めていく必要があると思います。我々が課題に思っていることは、お客様がインタビューを上手く使えないことによって結果的にサービスの満足度が減ってしまい、仮説検証スピードが低下してしまうことです。

それは、インタビューの仕方やインタビュー前段階の対象者像の明確化に問題があるかもしれませんし、我々がお客様のニーズ・期待値にアジャスト出来ていないシーンもあるかと思います。
それらの変革には当社内だけに限らずお客様にもコミュニケーションをとり、インタビューに対する共通認識を作っていくことが必要だと考えていますが、我々だけではなく、bridgeさんにプロジェクトに入ってもらうことで我々のサービスの提供価値を今後とも一緒に広げていきたいですね。

日本最大級のスポットコンサル・プラットフォーム「ビザスク」 

ビザスク