これまでリーダーは、いかに目標を達成するか、いかにすぐれた意思決定するかという観点から、ロジカルシンキングなどゴールから逆算して合理的な結果を出すために思考法を養ってきました。

しかし、経済、企業組織、個人のキャリアにいたるまで、ありとあらゆるものを取り巻く環境が複雑さを増し、将来の予測が困難な状況において、過去の知見や経験、合理性や客観性を重視した思考法だけでは、組織の能力を引き出すことができなくなってきています。

では、優れたリーダーはどのように思考の質を高め、組織の目標を達成に導くのか?マサチューセッツ工科大学 ダニエル・キム教授は、「結果の質」を上げるためには、「関係の質」を上げることが大切であると唱えます。

続きはこちら

〜新しい未来に挑戦する〜 組織の成功循環モデルとは?