新規事業開発の事例を紹介いたします。ベンチャーからエンタープライズ企業まで。 業種や規模を超えて様々なチームのチャレンジをお手伝いしています。

<インキュベーション>


●事例1:中小企業次世代リーダー向け社内起業家育成プログラム(行政)
課題:中小企業次世代リーダーの新規事業開発能力の向上
アプローチ:ビジョンメイク→ビジネス仮説作成→フィールドワーク→プロトタイピング→ソリューション検証

●事例2:企業内インキュベーションプログラム(商社)
課題:事業構想と新規事業が生まれる組織の仕組み開発
アプローチ:全7回のワークショップ型ブートキャンプ→プレゼンテーション、活動分析

●事例3:マレーシアでの事業創発プロジェクト(メーカー)
課題:グローバルマーケットに対するビジネス機会の発見
アプローチ:海外フィールドワーク→共創ワークショップ→プロトタイピング→ビジネスモデル企画

●事例4:既存技術を活用した新市場開発(メーカー)
課題:社内に死蔵するシーズの他業界への展開とビジネス開発
アプローチ:アセットの棚卸→ビジネス仮説づくり→プロトタイピング→顧客検証→MVP開発

<サービスデザイン>


●事例1:女性のための未来のクルマの価値探索(メーカー)
課題:既存事業の外にある新たなビジネス機会の探索
アプローチ:トレンドリサーチ→アイデア発想→共創型ワークショップ→プレゼンテーション

●事例2:チャットボットを使った銀行アプリのプロトタイピング(金融)
課題:アプリを使った新しい顧客リレーションづくり
アプローチ:既存体験とペルソナの可視化→アイデア発想→プロトタイピング→ユーザーテスト→UI設計

●事例3:AIによる製造現場のナレッジ共有ソリューションの体験コンセプト(製造業)
課題:現場の深い理解にもとづくナレッジ阻害要因の特定
アプローチ:インサイトリサーチ→体験マップの作成→ストーリーボード→プロトタイピング

●事例4:ブランドコミュニティーサイトのコンセプト開発とプロトタイピング(メーカー)
課題:顧客視点のブランド価値の特定とコミュニティの在り方の定義
アプローチ:事例分析→アイデア発想→プロトタイピング→ユーザー検証→サイト開発

<イノベーション能力開発>


●事例1:スタートアップスタジオの戦略策定(IT)
課題:規模拡大に伴う新たなビジョン共有と活動計画の策定
アプローチ:ステークホルダー取材→価値分析→ビジョンづくり→目標とロードマップ設定

​●事例2:リーン開発プロセス組織導入研修・マインドセットワークショップ(通信)
課題:エンジニア部門のリーン開発手法の学習と組織課題の抽出
アプローチ:レクチャー→WS

​●事例3:メーカーデザイン部門むけサービスデザイントレーニング(製造)
課題:デザイン部門のスキル拡張
アプローチ:レクチャー→フィールドワーク→アイデア発想→プレゼンテーション→実践プログラム化

​●事例4:研究開発部門むけエスノグラフィートレーニング(メーカー)
課題:開発スタッフ300名の能力拡張と商品企画プロセスの刷新
アプローチ:イノベーション定義・KPIの設定→学習プログラム開発→プロジェクト化→モニタリング・改善

 

incubation partner
- next bridge's topics -​
新規事業開発のためのマインドセットについてはこちら

bridgeが運営するコミュニティ:
中小企業次世代リーダーのための事業創出コミュニティー [VENTURES Academy] www.ventures-academy.com