プロジェクトチームに伴走し、ビジネス仮説作成、課題の深掘り、アイデアの発想、ソリューション検証という一連のプロセスを反復しながら素早く推進します。

インキュベーション

incubation

複雑、不確実、不安定の時代において事業成功の鍵はいかに早く小さくテストし、学習できるかにかかっています。本プログラムは、 リーンスタートアップの考え方をベースに全5回のワークショップとフィールドワーク、プロトタイピングを通じてビジネス仮説を検証し、スピーディーに事業構想を描きます。

1.仮説を立てる
リーンキャンバスをもちいて、解決すべき顧客課題や独自の提供価値を定義しビジネスの当初仮説を描きます。

2.課題を定義する
顧客の問題を深く捉え直すことで、隠れたニーズを明らかにし、製品、サービスの提供価値を明確にします。

3.解決策を考案する
獲得したインサイトを用いて斬新な解決アイデアを創出します。これまで見落とされていたニーズや接点を可視化し、顧客の視点で解決策を考案します。

4.解決策を検証する
考案したソリューション案をプロトタイプに展開し、顧客からフィードバックを得ながら改善していきます。

5.事業を描く
誰のどんな問題をどのように解決するのか?ストーリーをまとわせ、投資家・経営者向けのメッセージとして仕立てます。

 
プログラムのメリット

・仮説づくり~ユーザーニーズ探索~分析〜プロトタイプ~テスト~意思決定までを一気通貫で実践できる。
・プロジェクトを通じて、実ビジネスの仮説検証を行い、本開発にすすむかどうかの意思決定ができる。
・プロジェクト参加者を次世代リーダーとして育成することで、組織のイノベーション文化を醸成できる。
・活動を通じて内外のステークホルダーと協力関係が築ける。
・組織に様々な学びが蓄積され、新しい仮説の基礎となる。

関連記事:
【募集開始】FINOLABイノベーター養成講座2019
社内起業家(イントラプレナー)育成支援講座
bridgeが提供する海外研修プロジェクト:ServiceDesignCamp