顧客理解、アイデア発想、ソリューション検証という一連のプロセスを拡散と収束を繰り返しながら素早く推進します。再現可能な規律あるメソッドを “型” として活用することで、チームのパフォーマンスを高めます。

 

新事業創出活動は一過性の取り組みではなく、組織の中で反復し繰り返し実行することが求められます。それには高度な規律が必要ですが、しっかりと整備すれば、新規事業の成功確率は劇的に高まります。新入社員が先輩や同僚に学び3年後には立派な営業マンになるように、新規事業創出活動も組織の中で育成可能な能力として認識することが重要です。

曖昧で不確実、不明確な現在に求められる新規事業は人々の理解からは始まり、コンセプトを開発したらコンセプトにそって事業を構想していきます。このプロセス全体がいつどこで接点をもち交差するのかを知ることが、組織内でコラボレーションを実現するカギです。協力しながら信頼できる形で、繰り返し事業創出活動を実践するには効果的かつその組織にあったプロセスやメソッドを採用しなければなりません。私たちは実践と学習を繰り返しながら組織に新規事業のプロセス、メソッド、マインドセットの導入をお手伝いします。


- next bridge's topics -​ 
bridgeが提供するエキスパートとの共創についてはこちら 

bridgeが運営するコミュニティ:
 中小企業次世代リーダーのための事業創出コミュニティー [VENTURES Academy] www.ventures-academy.com