topics

トピックス

[12/2]プロトタイピング実践講座を開催

2021.11.08

news

 

翔泳社Biz/Zine編集部が主催する講座シリーズ「Biz/Zine Academy」にて、『新規事業開発のための「プロトタイピング」実践講座【オンライン】』を12月2日(木)に開催します。

「事業アイデア公募後にそのアイデアが実行に移されない」という、“新規事業あるある”として語れることが多い課題。この課題を解消するには、事業アイデアの検証手段である「プロトタイピング」を正しく活用することが近道となります。

本講座は、bridge講師による「多くのプロトタイピング研究の参照」と「企業での実践」の知見を統合して、事業開発担当者に向けて体系化したものです。ノンデザイナー・ノンエンジニアである新規事業開発担当者、DXプロジェクトの推進者を受講対象としております。プロトタイピングの概要の理解とデジタルプロトタイピング手法の実践を通じて、デジタルプロトタイピングを自分の新規事業や新プロダクトで実施できるような状態を目指していきます。

講師は、多数の企業でのプロトタイピングコンサルティング、学術機関でのプロトタイピング研究の実績のあるbridgeの三冨が担当します。ぜひご参加ください。

デジタル化により民主化が進む「プロトタイピング」は、新規事業開発担当者の必須スキル

講師が所属する企業bridgeが、500を超える新規事業プロジェクトのコンサルティング・伴走を実施して見えてきたのは、「早くつくり、失敗し、学ぶことのできる人材」の重要性でした。

そして、その人材に必要なスキルが「プロトタイピング」です。プロトタイピングは、頭のなかにあるイメージを形にしたり体験したりすることで具現化し、周りを巻き込みながら学習して進めていくことができる、新規事業に必須のスキルです。

テクノロジーの進化などにより、デザイナーやエンジニアのような「ものをつくれる」人たちではない人も、プロトタイピングが簡単に行えるようになってきています。ただ、ものづくりへの抵抗感からなかなか最初の一歩が踏み出せないケースが多々あるのが現実です。このような状態で、今までにないアプローチが必要とされる新規事業に取り組んでも、その成功確率は低いことが危惧されます。

本講座では、ノンデザイナー・ノンエンジニアである新規事業開発担当者、DXプロジェクトの推進者を受講対象としております。プロトタイピングの概要の理解とデジタルプロトタイピング手法の実践を通じて、デジタルプロトタイピングを自分の新規事業や新プロダクトで実施できるような状態を目指していきます。

【 詳細・お申し込みはこちらから 】
申し込み締切 11月30日(火)12:00

受講環境

当講座はZoom/Prott/PowerPointを利用したオンラインセミナーとなります。 受講にあたりまして、以下環境を事前にご用意ください。
・インターネット環境(ブラウザはGoogle Chromeを推奨)
※Internet Explorer からのアクセスはZoomが正常に動作しない場合があります。Google Chromeのダウンロードはこちら
・Zoomのダウンロード(ミーティング用Zoomクライアント)
※接続テストはこちら
・Prottのアカウント作成
※開催日当日は「お試し30日間」or「Freeプラン」のどちらでご参加いただいても問題ございません。
・PowerPoint
※Prottへ登録する画像を作成するために、PowerPointを使用いたします。ご用意が難しい方は、事前にご相談ください。
・音声機器(ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン)

対象受講者1

新製品・サービス、新規事業の担当者
<職種・お持ちの課題>
・社内新規事業において、アイデアの価値が検証できないまま投資をしてしまう
・新規事業構築において、仮説検証のやり方が噛み合わずに円滑に進まない
・新規事業として採択されたが、アイデアの価値に自信がない
・採択したアイデアをどのようにブラッシュアップすればいいのかわからない
・採択したものの価値の検証が不十分でPoCの仕様やゴールがあいまい
・価値検証のためのプロトタイプが作れず、膨大な外注予算が必要になっている

対象受講者2

DX推進部門のプロダクト企画担当者・DX推進責任者
<職種・お持ちの課題>
・デジタルを前提とした新サービス・プロダクトを企画するが、アイデアの検証に課題を抱える
・DX部門でアイデアを検証した後に、事業部門やマーケティング部門を巻き込みプロジェクトを拡大させることに課題がある
・新プロダクトの追加予算を申請するために、経営層にプレゼンをするが上手く伝わらない

本講座で提供するもの

  • プロトタイピングの基礎的な理解
  • 仮説の選定、検証方法
  • デジタルプロトタイピングツールを用いてのプロトタイピング方法

講師プロフィール

三冨 敬太(みとみ けいた):株式会社bridge

2021年より株式会社bridgeに参加。プロトタイピングを短期間で身につける実践型研修「The Prototyping Learning Sprint」などを推進。プロトタイピング専門会社S&D Prototyping、障害のない働き方をデザインする veernca、創造性の発揮を推進する組織やプロジェクトをデザインする会社Tsukuru to Ugoku Designを創業。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科でプロトタイピングを研究。サイゼリヤがとても好き。

 

大長 伸行(おおなが のぶゆき):株式会社bridge 代表取締役 プロジェクトデザイナー

2009年よりデザインファームのコンサルタントとしてデザイン思考を活用した商品・サービス開発、イノベーション人材育成プロジェクトをリード。2017年1月株式会社bridgeを創業。多様な業種、組織の200を超える新規事業・人材開発プロジェクトを横断し得た数々の失敗経験を形式知化し、企業内新規事業の創出とイノベーション組織づくりを支援する。特技は、後先考えずに安請け合いすること。

開催概要

講座名 :新規事業開発のための「プロトタイピング」実践講座【オンライン】
日時 :2021年12月2日(木)10:00~18:00
場所 :オンライン
参加料 :66,000円(税込)※テキスト(PDF)代含む
お支払方法 :クレジットカード/銀行振込/Amazon Pay
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 :会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。

 

【 詳細・お申し込みはこちらから 】
申し込み締切 11月30日(火)12:00

 

講座内で解説するポイントを一部先行して公開しています。【こちら】からご覧ください。


(図 :プロトタイピングにおける「4つの分類」)

(図:事業開発プロセスにおけるプロトタイピングの検証対象)

タイムテーブル

適宜休憩が入ります。また、ワークショップの進捗状況や受講者との質疑応答により、若干、プログラムが変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

10:00-11:00 プロトタイピング基礎講義
・本日の進め方/ワーク概要の共有
・プロトタイピング概要
・プロトタイピングを実施するポイント
11:00-12:00 デジタルプロトタイピングツール体験
・Prottを使ってみよう
12:00-13:00 お昼休憩
13:00-13:30 ワークショップの課題説明
・ワークイントロダクション
・プロトタイピングしてもらう課題の情報インプット(ターゲット、企画案)
13:30-15:00 プロトタイピング実践スプリント 1
・プロトタイピングしてもらう課題の説明
・デジタルプロトタイピングツールを用いたプロトタイプの制作
(講師が2名程度、Zoomのブレイクアウトルームの質問部屋で待機)
・プロトタイプを用いた簡易インタビュー
15:00-15:30 プロトタイピング実践スプリントのシェア
・参加者それぞれ作成したプロトタイプとインタビュー内容のシェア
15:30-17:00 プロトタイピング実践スプリント2
・スプリント1と同様のことを繰り返す
17:00-17:50 発表、グループワークでシェア
17:50-18:00 全体Q&A、クロージング

留意事項

当講座はZoom/Prott/PowerPointを利用したオンラインセミナーとなりますので、事前に受講環境をご確認ください。
受講に必要なURLは受講者1名につき1つのURLとなります。1つのURLを利用し複数名で受講することはできません。違反を発見した場合は追加請求いたします。
講義内容の録画・録音・画面のキャプチャなどによる記録や利用は固くお断りいたします。また、講義や演習の資料について、無断転載・引用を禁じます。これらの違反が発覚した場合、著作権法に抵触する恐れがあり、法的措置を取る場合がございますのでご注意ください。
都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
参加者様のご都合によるキャンセルは11月24日(水)までお受けいたします。なお、すでにご入金済みの方は全額返金いたします。(返金手数料は参加者様負担)それ以降のキャンセルおよび、当日の欠席・遅刻・早退による返金等は一切お受けしておりません。
ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者氏名・代理参加者氏名」を開催前日までに事務局へメールにてご連絡ください。
最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。

 

【 詳細・お申し込みはこちらから 】
申し込み締切 11月30日(火)12:00

記事をシェア

RECOMMENDED

MORE WITH THE SAME TAG