topics

トピックス

「BizMake」と連携。リモート環境での事業開発支援を強化。

2020.11.09

news

「BizMake」と連携。リモート環境での事業開発支援を強化。

bridgeはビジネスフレームのコラボレーションツール「BizMake」を運営する東京システムハウス株式会社と、事業開発支援サービスの強化を目的に、11月11日(水)より業務提携いたしました。

当社は新規事業に取組む組織、チームに伴走し、機会探索、ビジネス仮説構築、課題の深掘り、アイデアの発想、ソリューション検証という一連のプロセスを支援してきました。

本業務提携により、ビジネスフレームワークのコラボレーションツールBizMakeとbridgeのプログラムを融合させ、より踏み込んだ新規事業の創出や既存事業加速に向けた支援、コンサルティングサービスを提供してまいります。

今後は、中小企業向け事業開発支援コンテンツの共同開発や、BizMakeを活用したファシリテーションサービスの提供などを展開していき、多くの企業の事業開発を支援してまいります。

|Bizmakeとは

SWOT分析やリーンキャンバスなど、新規事業構想や事業計画に有用なフレームワークをWeb上でお使いいただけます。複数人での同時編集ができるため、チームでの戦略立案や思考の整理に最適なサービスです。
BizMakeを活用した研修プログラムも提供しており、新規事業創造やマーケティング戦略立案などの課題解決の支援も行っております。

プラン:Free(0円)、Personal(300円/月)、Community(600円/月)、Company(法人向け請求書払い)
アカウント作成は公式ホームページから

 

|「アイデア壁打ち道場」のご案内(無料)

BizMakeとのコラボレーションを記念して、BizMakeを活用した事業アイデア壁打ちセッション参加企業を募集いたします。

当プログラムは、多種多様な企業の新規事業開発に伴走するビジネスデザイナーや異業種の新規事業担当者など、外部視点のフィードバックによって事業アイデアをブラッシュアップするためのオンラインセッション(2時間)です。

1社最大3案(3チーム)のビジネスアイデアに対して、下記の3つの視点で壁打ちします。

・リスクや機会の洗い出し
・アイデアの仮説の検証方法に関するアドバイス
・アイデアを強化・発展させるためのブレスト

<このような方にオススメです>
・自社の事業アイデアコンテストに応募するためにアイデアを磨きたい。
・作った事業アイデアの検証方法をディスカッションしたい。
・社内で新規事業スキルアップのため、リーンキャンバスを実践的に学びたい。

新しい事業づくりに取り組まれているみなさま、この機会を是非ご活用ください。

お問い合わせはこちら

記事をシェア

RECOMMENDED

MORE WITH THE SAME TAG