project

プロジェクト

サービス開発を通じて人材を育成するソフィアの取り組み

サービス開発を通じて人材を育成するソフィアの取り組み

課題

新規事業を生むための手法、マインドセットの習得と新事業につながるアイデアの探索

bridgeがしたこと

サービスアイデアの発想、課題の特定、ソリューション検証を含む全5回のセッションを通じてアイデア創発をサポート

成果

当セッションから生まれたアイデアが実サービスとして具現化。サービスプロトタイプの実証実験へ

やりがいとイノベーションが生み出される組織風土作りに貢献することをビジョンに、これまで数々の企業におけるコーポレートコミュニケーションを支援してきた株式会社ソフィア。この度、2019年9月1日(日)にソフィア本社にて、職場における「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」に気づくことを目的とするワークショップ、「REVERSE(リバース)」を開催。bridgeでは当企画の構想を、全5回のアイデアセッションを通じて支援させていただきました。このアイデアがどこから着想を得て、どのように推進されていったのか。株式会社ソフィア 森口静香さん、並びに「REVERSE」ワークショップの発案者である岡田耶万葉さんにお話を伺いました。

課題

新規事業を生むための手法、マインドセットの習得と新事業につながるアイデアの探索

bridgeがしたこと

サービスアイデアの発想、課題の特定、ソリューション検証を含む全5回のセッションを通じてアイデア創発をサポート

今後の展望

当セッションから生まれたアイデアが実サービスとして具現化。サービスプロトタイプの実証実験へ

-今回、事業アイデアを生み出すための取組みをおこなった背景は何ですか?

 森口さん(以下、森口):私たちはコーポレートコミュニケーションを支援するのが中心の会社なので、もともとメディアのコンテンツを作る機会がたくさんありました。数年前までそれが会社の主力事業だったわけです。ただ近年になるとインターナルコミュニケーションに対する外部からの注目度が高まったことで、これまでまったく別の事業をしていた企業が参入してきて、競合が一気に増えたんです。特にメディアのコンテンツの世界で。
 大手の代理店や印刷会社が競合となったことが影響して、主力事業のボリュームが下がっていく中で、この事業体で新しい価値をどうやって生み出していくのかということを社内で話し合った際に、みんなが「新規事業をやってみたい」と言ってくれたんです。

森口さん

じゃあやろうと。ただ、自分たちだけでやるのではなくて外部の視点が必要だとも感じていたんですね。理由の一つとして、自分たちが普段お客様に提供しているサービスと、比較的似たものを実際に受けてみることで、お客様の気持ちや感情を体感したかったということがありました。それから、彼女のような若手が新しいことを強制的にやってみることによって、何か気持ちの変化とか、進歩のきっかけになるんじゃないかと思ったんです。メンバーにとって何か大きな経験になってほしいという期待もあり、bridgeさんにサポートを依頼しました。

-実際に、全5回のセッションを体験してみていかがでしたか?

岡田さん(以下、岡田):…最初はすごく嫌でしたね(笑) もともと社内でもそうした新しい事業のアイデアが出てくることはよくあります。ただ、「何かやろう!」という声かけはあっても、実際に進めるということになると失速していくということが多いように感じていました。私自身、たぶん社内の人から提案を受けても「そうですね」「いつかやろうね」と言って流していたと思います。新規開発とか、何かを0から生み出すようなことは苦手に感じていた部分もあったので。

ただ今回、きっちり宿題があって、ある程度の期間をかけて、私だけではなくみんなで取り組むということで、事業開発に対して正面から向き合う機会をいただきました。今では、真剣に考える場を設けていただけて、貴重な経験を積むことができたと思っています。

-岡田さんが企画した「REVERSE(リバース)」は、何から着想を得たんでしょうか?

岡田:研修の最初に、新規事業開発を考える上のポイントとして「社会の中での課題と自分のやりたいことの重なるところを見つける」ということを教えていただきました。社会の課題から入るのは難しいなと感じたので、私はまず自分のやりたいことを考えましたね。
 私は学生時代に演劇をやっていて、入社の際も「演劇を使った事業をやりたいです!」というプレゼンをしていたんですよね。いつか、そういうものをやりたいなと漠然と思っていたので、じゃあ「演劇」で解決できる課題はなんだろうと考えた時に、自分の身近な友人たちから聞いた話を思い出したんです。

 友人たちと話をする中で、就職した先の会社で女だからという理由で仕事を取り上げられたり、お酌を求められたりと、日本企業の実情が全然変わっていないことを知り、かなり衝撃を受けました。女だから、男だからと仕事が無意識に割り振られるような文化が、未だになくなっていないことが疑問というか…今の世の中「働き方改革だ! ダイバーシティだ!」と言われて久しいわけじゃないですか。それでも変わらないのは、どうしてなんだろうと思ったわけです。
 ただ、いざこの現状を変えるとなった時に、研修やセミナーを聞くだけで終わってしまうと、結局のところ頭では分かっているけれど行動の変化は起こらない。社会は変わらないように感じたんです。

でも、そこに演劇という要素を取り入れたら、もっと体感を通して理解できることがあるんじゃないかと考えました。誰かに対して自分が言ってきたこと、やってきたことを自分の身をもって感じることができるサービスを作れたら、カルチャーの変革に対する必要性をもっと理解してもらえるんじゃないかと思ったことが、今回の企画を考案したきっかけですね。

-企画を進める上で、社内で提案するまでにどのような活動をしましたか?

岡田:今回私が提案したのが「イマーシブ」という没入型の演劇と、「インプロ」という即興の演劇を用いたワークショップだったので、それぞれの分野で専門の方たちをお訪ねしました。「こんなことをやりたいんですが、どう思いますか? できると思いますか?」ということころから話を聞いて、実現させる上での課題などについてフィードバックをいただきました。また、「もし実現した際にはご協力いただきたいです」とお伝えした時には、どちらの方もすごく前向きで、快く了承いただけましたね、嬉しかったです。

-提案書の段階から、9月に実行することが決まるまではどのような活動をされてきましたか?

 岡田:具体的には、先ほど話した演劇の専門の方々と私を中心にしてコンテンツの中身を作っていきました。それから実のところ「アンコンシャス・バイアス」について当初は一切知らなかったので、その勉強をしましたね。自分が選んだテーマが、そういった名前で社会に認知されていることは結果的に知ったことだったので。アンコンシャス・バイアスについての本を読んだり、専門とする大学の先生に話を聞きに行ったり、社内や周囲の人にヒアリングやアンケートを実施したりもしました。

 森口:そうそう。アメリカにも行ったよね?

 岡田:はい、演劇の勉強のために行きましたね。「イマーシブ」というのが、今ニューヨークやブロードウェイですごく注目されている演劇の手法なんですけど、日本ではまだほとんどやられていなくて。それで森口の方から“実際に見たことあるの?”って言われて、ないですと言ったら、“じゃあ行け”って(笑)。帰国後は、本場アメリカで見てきた演劇の要素もちゃんとワークショップのプログラムの中に入れられるように試行錯誤をしていました。

-お客様になるような候補の企業に、この企画のお話をした際のフィードバックはどうでしたか?

森口:反応はよかったですよ。「アンコンシャス・バイアス」のテーマの受けが良かったかな。潜在的な部分の偏見だとか、無意識にやってる無礼とか、そういったことをアンコンシャス・バイアスと言うんだけど…と説明したら「そういうのあるよね」とすごく共感してもらえて。特に男性の引きが強かった気がします。やっぱり、みんな“多様性”を掲げていても、実は無意識のうちにそれに反したことをやっているのではという危機感があるのかもしれないですね。

-プログラムを作るにあたって、どのあたりが大変でしたか?

 岡田:まず演劇をプログラム化するという点において、当然ながら社内に先輩はいないわけです。すべて自分で調べて、作っていかなければいけない。しかもそれらプロジェクトを進めるための意思決定権はほぼ私にあって、いろいろなことが私の一存で決まるんですよね。社内・社外のたくさんの方からアドバイスをもらいましたが、最終的に進めていくのは私だったので、有り体に言うとすごくプレッシャーを感じていました。 

 誰も教えてくれない、合ってるかどうかもわからない、でも自分で全部決めないといけない、だって新しいサービスだから。予算ももらっているけれど成功するかどうかわからないし、お客様のウケがいいかもわからないし…という不安が、積もり積もってプレッシャーになっていました。あの時は大変だったと思います(笑)

-企画したプログラムを実施してみて、ご自身の評価はいかがですか?

 岡田:まず終えられたということに関しては一定の評価をしてもいいかなと思っています。ゼロから形を作った点においては、70点ぐらいはあげてもいいかなと思うんです。

 ただ問題はそこから先じゃないですか。今、実際にワークショップを受けていただいたお客様にヒアリングをして、次の段階としてどうするかを考えているんですけど、やっぱりプロトタイプから商品として売るというフェーズに移行するのが次の壁で。難しいなと思いながら日々悩んでいます。引き続き修正をしながら、このプログラムを必要としてくださるお客様のために、最高の形でお届けできるように試行錯誤を続けていきたいと思います。

記事をシェア

RECOMMENDED