project

プロジェクト

スポーツによる社会イノベーション創出に取り組む ミズノの挑戦

スポーツによる社会イノベーション創出に取り組む ミズノの挑戦

課題

新しい価値創造に挑戦する組織への変革。

bridgeがしたこと

イノベーションを生むための仕組み、人材、風土づくりを統合的に支援

成果

ビジョン実現のための活動方針が策定され、変革推進チームによるプロジェクトが始動。

2022年新研究開発拠点設立に伴い、スポーツの定義を競技シーンだけでなく、日常生活における身体活動にも拡大し、スポーツ品開発技術やノウハウを活用し、スポーツの力で社会課題を解決するという新たな価値創出に取り組むミズノ。bridgeではイノベーションを生むための仕組み、人材、風土づくりを統合的に支援しています。

本インタビューでは、新研究開発拠点プロジェクトリーダー グローバル研究開発部開発統括室 佐藤室長にこれまでの活動の成果や、手応え、今後の展望について伺いました。

ミズノ株式会社
グローバル研究開発部 次長
(兼)開発統括室 室長

 佐藤夏樹さん

 
 

新研究開発拠点のビジョン

–  新研究開発拠点の設立の背景、狙いは何だったのでしょうか?

振り返ってみると、2018年の6月、部門長が集まる会議での提案から始まりました。
その当時、私はシューズの開発課の課長として、やりたいこと、新しいことにどんどん挑戦させてもらっていました。ただ、あと一つやり残していることがありました。それは、開発の環境をもっと良くすることです。

現在の開発環境は15年以上前に作られ、この開発環境があるからこそ、私たちは多くのヒット商品、話題商品、画期的な機能を生み出すことができました。しかし、私たちが15年前と大きく変わらない環境で開発をしている中、競合他社は過去10年以内に開発環境に大きな投資をしてきています。そんな中、私たちミズノが自分たちの強みをもっと活かすことができれば、もっと大きな価値をつくれる、そういう挑戦をしたい、という強い想いがあり、そのためには未来にむけた環境づくりが不可欠と考えていました。より高い次元の成果を出すために、より新しい挑戦をしていくために、ぜひとも開発環境への投資をしてほしいと、当時の部門長に提案したのが最初のきっかけです。

 

–  新研究拠点の開発プロジェクトが始動し、2019年の6月にプロジェクトのコアメンバーが集まり、合宿形式で新研究開発拠点のビジョンを描くセッションを行いましたね。

よく覚えています。あれはやっぱり原点ですね。
各部門のリーダーから成るコアメンバーが一堂に会して、ぶっちゃけトークというか、現状の悪いところも包み隠さず共有し、未来にありたい姿と、絶対にこうはなりたくないという姿について話し合ったのは、とても良かったなと思います。

そのとき、16個の検討課題という形で今後取り組んでいくことを整理しましたが、それは施設空間、設備といった、いわゆる施設設計の範疇を超える多岐にわたるものでした。

開発環境には箱(ハード)と仕組み(ソフト)の二つの側面があって、箱はあくまで両輪の一つだと思っています。もう一つは組織体制や働き方といったイノベーションが生まれる仕組みであり、その両輪が必要と考えていました。特に後者(仕組み)はつかみどころがないぐらい大きな話なので、やりたいこと、やっていくことを整理できたのはとても良かったです。

全社から集まった熱い想い

–  16の検討課題に基づいたリサーチ活動と並行して、全社アンケートを実施しましたね。

はい。このような恵まれた機会に、ぜひとも全社員が自分事として参画できるようにしたいという思いがあったので、全社アンケートを取りました。

アンケートの項目は、新しい研究開発拠点に望むことだけでなく、スポーツの価値、ミズノが社会に貢献できること、ミズノの強みや弱みなどを、全て自由記述式で聞いています。
過去の事例から自由記述形式の全社アンケートは100人回答があればいい方で、選択式の方が多くの回答を集められるのではないか、という議論はありましたが、熱い想いを持った人の意見を大切にしたいので、回答数が少なくてもいいから自由記述式でアンケートを取ろうと決めて実施しました。

回収してみて驚きましたね。蓋を開けてみると回答数は700以上。海外のグループ社員も合わせると800以上です。さらに、一人当たりの回答時間は約30分。30分かけて書かれている回答が800以上集まったんです。回答者も、研究開発系の部門だけではなく、営業部門、事業部、間接部門、さらには子会社からも回答が来ていまして、年代も20代から60代まで幅広く回答がありました。

書いてある内容も私たちで受け止めきれないくらい、熱い想いが詰まっていたのです。
部門間の連携悪いよね、チャレンジしやすい雰囲気が今足りてないよね、など仕組みや風土に関する話がもう出てくる出てくる…(笑)。仕組みを変える必要があることは分かっていましたが、より具体的になったと同時に、これだけの熱い想い、意思を持ったメンバーが社内にたくさんいる、そういった人たちに仲間として参画してほしいという思いがどんどん強くなっていきました。

有志によるワーキンググループで得たもの

–  そこから、有志によるワーキンググループ活動が始まりましたね。
ワーキンググループは、立候補でメンバーを募りスタートしましたが、狙いは何だったのでしょうか。

まず、うまくいかないプロジェクトの典型のような、やらされ感のある形式的なもの、やったはいいけど何が決まったのかもよく分からず結局何も進まないものには、絶対にしたくないということ。 
あとは、変えるなら今しかないという想いを持っているメンバーが実際にいると全社アンケートで分かったので、ぜひともそういう意志ある仲間と進めたいという本当に純粋な思いから、有志を募って行いました。

ただ、有志のプロジェクトは社内ではあまり前例がなく挑戦的な進め方で、簡単ではないというアドバイスも何人もの方からもらっていました。本来の業務とプラスアルファの仕事で、労務管理や仕事の評価といった人事面の話も関係するので、人事部との連携も必要です。
しかし、将来はプロジェクトベースの仕事が増えていくと予想されます。ですから、本プロジェクトは働き方のモデルケースとして評価できるように、しっかり活動データも取るなど、実験的な意味合いも込めていました。 

 

–  ワーキンググループでは6週間で課題について議論し、最後6つの提案が経営陣に対してされましたが、実際にやってみてどう感じますか?

そうですね。本当にやって良かったです。
有志メンバーによるプロジェクトの成果は、経営陣に対し報告したときの、役員のコメントが物語っていると思います。
「本当に、ここまで真剣に考えてくれてありがとう」
「これを何も変わらないプロジェクトにはせずに、絶対に前に進めような」と。
役員が後押ししてくれた、支援者に回ってくれたのは非常に大きいことだと思いますし、そう感じてもらえるような提案に繋げられたと実感しています。

さらに、働き方の面でも多くの気づきがありました。

今回は自己申告での労務管理なのですが、38人の有志がプロジェクトの活動に費やした合計時間は704時間で、ひとり当たりに換算すると18.5時間、即ち2,3日分に相当します。今回の短期プロジェクトの実働33日のうち2,3日分の時間を捻出したということになります。この数字は、やらされ感のあるプロジェクトでは絶対にないですよね。今回の場合は時間や作業は一切指示をしない、有志のプロジェクトなので、多忙なメンバーが自分の意志で捻出した時間ということになります。

また、プロジェクト期間がちょうど新型コロナの流行と重なり、リアルに集まれないのは障壁だと思っていたのですが、長所もたくさんありました。

ひとつは距離の壁が消えること。本社の大阪以外に、東京から参加するメンバーもいたので、距離の障壁があるのかなと思っていました。ですが、みんな自宅でのテレワークで、ウェブを使ってやり取りをしている時点で、もはや距離の壁は全く関係ないですよね。社内のグループウェアであるTeams内で行われる活発な議論は距離の壁を楽々超えられますし、6つのワーキンググループ同士、自分が所属しているチームに限らずどんどん覗き見して、入っていけるのも、リアルな会議にはない良さだと思いました。

あとは、Teamsを使うことで議論のプロセスが言語化され、可視化できるので、勝手に誰かが決めているのではなく、自分たちの力で動かしている実感が持てるところも、とてもいいなと思いますね。

活動の輪を拡げ、組織を変えていく

–  ワーキンググループからの提案を受けて、最終的に2つの特命のプロジェクトがこの6月から始動しました。

やはり有志で集まって提案につなげたこの流れを絶対に止めたくなかったので、正式に次の局面に前進することができて非常に嬉しく思っています。

今回のワーキンググループのメンバーには、心の通った仲間のような繋がりがあるんです。
このメンバーと一緒に自分たちが伝道師となり、国内にとどまらず、グローバルでももっともっと活動の輪を広げていきたいですね。今はまだ参画していない熱い想い、強い意志を持っているメンバーとも一緒に活動していけたら嬉しいです。

最終的に目指すゴールは、施設を作ることではなく、その先の、スポーツ力で社会課題を解決すること、そういう企業になることであり、スポーツには、そして私たちミズノにはそれができる、とてつもなく大きな力があると信じています。そのためには、社内の仕組みも大きく変わっていく必要があると思うので、このプロジェクトが変化のきっかけにできればなと思っています。

 

 

 

<bridge のプロジェクトデザインとは>

 

 

記事をシェア

RECOMMENDED